倉庫業務のアウトソーシングで得られるメリット

自社で倉庫業務を行っている企業様、「無理」「無駄」を感じていませんか? 「物流を効率化したい!」「負担を軽くしたい!」とお考えなら、倉庫業務のアウトソーシングをご検討ください。倉庫業務をアウトソーシングすることにより、数多くのメリットを享受できます。

メリット01 物流コストの削減!

季節ごとに売上が変化する商品を扱っている店舗様や、新商品の追加が相次ぐ店舗様などは、物流費用のロスに頭を抱えていらっしゃると思います。一時期だけ物流が増加する場合、取扱量が最大になる時期に合わせて倉庫や設備、人材を確保する必要がありますが、これは経営上大きなリスクとなります。

そこで活用したいのが、物流倉庫(倉庫業務のアウトソーシング)。物流倉庫を活用すれば、物流費を固定費から変動費に変えることができ、コストの適正化を実現できます。

メリット02 管理コスト軽減!

自社で複数の倉庫を運営している場合、各倉庫で取り扱う商品が異なっていると、同じ納入先でも倉庫別での対応が必要になり、物流費用に大きなロスが発生します。

そこで活用したいのが、物流倉庫(倉庫業務のアウトソーシング)。物流倉庫を活用すれば、様々な荷物を一括で管理でき、無駄な移動や無駄な在庫を削減でき、物流コストを最適化できます。

メリット03 人的リソースの無駄を排除!

自社で倉庫を運営している場合、様々なポジションでスタッフの採用・教育が必要になります。時期によって物流量が変化する場合は、状況に応じたスタッフ確保が必要になり、人事部門には大きな負担がかかってきます。

そこで活用したいのが、物流倉庫(倉庫業務のアウトソーシング)。物流倉庫を活用すれば、採用コスト増加のリスクを軽減でき、人的リソースの無駄を排除できます。

メリット04 物流システム構築が不要!

物流の効率化を実現するためには物流システムの構築が必要になりますが、自社で一から構築するとなると多額の費用と膨大な労力を要します。

そこで活用したいのが、物流倉庫(倉庫業務のアウトソーシング)。物流倉庫を活用すれば、自社の荷物・業務に最適なシステムを構築してもらえます。優れたシステムがあれば、最適なかたちで在庫を保持できるようになるのはもちろん、誤発送などのミスを削減でき、物流業務の効率が格段に向上します。

メリット05 コア業務への注力!

物流業務が発生する企業では、営業担当が倉庫業務や納品処理に忙殺されてしまい、本来注力すべき営業・マーケティングに専念できないというケースが多々あります。そのために、営業本来の業務で成果をあげるのが難しくなっている場合もあるようです。

そこで活用したいのが、物流倉庫(倉庫業務のアウトソーシング)。物流倉庫を活用すれば、無駄に割かれていた時間を排除でき、コア業務に専念できる環境が整います。物流業務の効率化を実現できるのはもちろん、売上UPも見込めるようになります。